Loading...

女子モーグル、上村愛子さんの4位は妥当なのかどうかは分からないけども

【五輪】モーグル上村愛子が4位でメダルならず 採点が明らかにおかしいと世界中から批難殺到 – ガジェット通信

【ソチ五輪】女子モーグル 上村愛子は4位、またもメダル獲得ならず・・・優勝はデュフォーラポイント : ジャックログ  2chJacklog

上村愛子さんはいい滑りをしていたのに、銅メダルじゃないのはおかしいんじゃないか?というニュースが話題になっています。

確かに見ていた感じでは、ちょっとアレ?って思うジャッジではありましたが、結局素人の僕には実際どうなのかということは判断するのは不可能です。

しかし、どう足掻いたところで今更結果は変わらないでしょう。また、上村愛子さんがそれを望むかどうかも分かりません。というわけで、上村愛子さん本人のインタビューから、どういう風に今回の疑問を落ち着かせて納得するのがいいか考えてみました。

ジャッジの内容について

上村愛子さん曰く、ここ最近でジャッジの見るところがかなり変わってきていて、特に接雪のターンの評価はかなり厳しくなっているのだとか。

僕にはそこまで判断するのは難しいです。しかし、上村愛子さんは、他の選出はみんな凄く上手だと評価していました。

上村愛子さんのターンの点数が伸び悩んだのも、他の選出が上手かったからそう見えただけなのでしょうか?

少し納得しにくいですが、上村愛子さんはジャッジへの不満など少しも表に出さず、笑ってインタビューに答えていました。

「楽しかった」

上村愛子さんは、ソチまでやってなかったらオリンピックというものが辛い思い出で終わってたかもしれないと言っていました。

オリンピックでこういう風に滑りたいと思っていた通りにできたこと、それが本当に嬉しかったということを繰り返し繰り返し答えていました。

本当にオリンピックが楽しくて、滑り終えた後は最後のオリンピックが終わったと思って泣いたそうです。

最後だからこそメダルで有終の美を飾って欲しかったと思いますが、本人は自分のやりたかった滑りができたことで、メダルが無くても素敵な思い出としてオリンピックを思い出せるようになったのかもしれません。

メダルが取れなかったことは残念と思う気持ちもありますが、ジャッジおかしいんじゃないの?と思わせるほどの良い滑りを見せられたという事実だけで十分だと思います。

上村愛子さんは自分のやりたかったような滑りができたことが嬉しいと言っているのですから、ジャッジへの不満などは置いておいて、上村愛子は素晴らしかったということを記憶しておこうと思いました。

スポンサードリンク
other 406852460466093352
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts

ブログ アーカイブ