Loading...

ポモドーロタイマーアプリ、FocusDotsのレビューと使い方

FocusDots- ポモドーロタイマーは生産性を高める

ポモドーロタイマーやポモドーロ・テクニックについては
Focus Pomodoro Timerのレビューで書いたことがあります。

今回はポモドーロ・テクニック用のiOSタイマーアプリ、
FocusDotsのレビューと機能の解説などをしていこうと思います。

ちなみに、この記事は2014年4月に書かれたもので、
当時のアプリのバージョンは1.0.3です。

FocusDotsのポモドーロタイマーとしての基本機能

focusdots2

ポモドーロタイマーとしての機能ですが、
25分を計るタイマー、5分間と計るタイマー、15分間を計るタイマーがそれぞれあります。
短期休暇ボタンが5分、長い休憩が15分になります。

時間を自分で設定することなどはできず、規定の時間設定に従う必要があります。

公式サイトでは、25分の間にタスクを行い、
25分経過した後に5分の短期休息、
そして4回25分のドットをクリアした後は15分の長い休息を取ろうと書いてあります。

focusdots3

25分、5分、15分の区切りが終わった後は画像のように、
Next、またはBackた画面が表示されます。

NextやBackをタップすると次のドット(25分)が始まります
次に短い休息を取るか、長い休息を取るか、または作業を継続するか、
次に何を行うかは自分で選ぶことになります。
これはポモドーロタイマーアプリにしては結構珍しいです。
大抵は25分の後には自動で5分間の休息が割り当てられますから。
一応、25分の作業の後にまた25分の作業を行うことは可能ですが、
休息の後に再び直接休息モードに行くことはできないようなので、
ノってる時に休息に中断されたくないという方には良いのかもしれません。

ちなみに、タイマーを途中で止めることも不可能です。
その代わり、いつでも5分や15分の休憩モードに移行することができます。

要するに、25分、5分、15分があらかじめ用意されているタイマーアプリですね。
次にどれくらい休息するかなどの判断は全てセルフです。
また、タイマーの切り替えは全て手動です。

よく分からない機能

focusdots6

タイマーの途中で時間をタップすると、色が変わります。
色が変わると何が変わるんだろう?と思って色々試してみたのですが、
何が変わったのかまったく分かりませんでした。

自動で休息に行ってくれるのかな?と思ったけど違うし、
ロック画面で通知するかどうかの設定かな?と思ったけど違うし、
一時停止かな?と思ったけどタイマーは普通に動き続けるし、
最後まで何の機能なのか分かりませんでした。

その他のFocusDotsの特徴

ポモドーロタイマーの基本機能のタイマーの他にも機能がついていますので紹介します。

完了した作業の数を保存できる

focusdots1

こちらはアプリのトップ画面の画像です。
本日、ドットを完了って書いてます。

25分の作業を終えるたびにカウントされ、ドットが増えていきます。

focusdots4

左下の棒グラフボタンをタップすることで、
過去の日付毎にクリアしたドット(25分の作業)の数を確認できます。

focusdots5

下の★マークをタップすることで、今までの総完了ドットを確認することができます。

また、この画面ではランダムで名言が表示されます。
英語なので意味は分かりにくいですが…
ちなみにこの画像の言葉は、
Nothing is ours except Time.
『時間以外は、我々のモノは何もない』という意味です。
タイマーアプリの決め台詞としてはバッチリですね。

ちょっと脱線しますが、このアプリは全体的に言語の翻訳がひどいと思いますw
意味が分からないところは別に無いので良いのですが、ちょっと気になりますね。
せめて英語版で使わせてもらえたら良いんですが、
iPhoneの言語設定に自動で従うようになってるのでしょうか?
アプリ内で言語を切り替えるところは見つけられませんでした。

テーマを変更できる

focusdots7

アプリ起動直後の画面の右下の+ボタンをタップすると、こんな画面になります。
このうち、テーマとロック画面以外のメニューはアプリの紹介やクレジットなので割愛します。

focusdots8

テーマを選択すると、アプリ内のカラーが変化します。
ちなみに、僕のオススメはDreamyです。

focusdots9

こんな感じの青っぽいテーマになりました。

ちなみに、他のテーマはこんな感じ。

focusdots10focusdots11
focusdots12focusdots13

自分好みのスキンを選択して使えるのはいいですねー。

ロック画面で音を出して終了を知らせるかどうかの設定

focusfots14

作業時間の終了、休息時間の終了時には
ロック画面でもこのようにお知らせしてくれます。

この時にロック画面でも音を出すか出さないかは設定によって変わります。
おそらくは。

focusdots7

設定画面のロック画面のボタンをタップすると、アイコンが変わります。

これによってロック中でも音が出たり出なかったりが変わる…のだと思いますが、何故か僕はどちらの設定にしてもロック中に音が出なくなりました。

ダウンロードした直後はロック中でもきちんと音が出ていたと記憶しているので、
何か設定をいじったせいか、何らかのバグだと思います。
結局最後まで直すことはできませんでした。
うーん…原因特定できず、すみません。

FocusDotsのまとめ

リリースされた直後ということで、これからどんどん良くなっていくアプリだと思います。
今のところは不自然な翻訳、かゆいところに手が届かない不便さなどが少し気になりました。

しかし、ポモドーロタイマーアプリで、25分の作業時間の直後に再び25分間の作業時間を持ってこれるというのは珍しい特徴でした。

僕はポモドーロテクニックを試してみたことがありますが、今は使っていません。それは作業が捗ってる時にもタイマーが鳴ったら休息しなければならないというルールがどうも馴染めなかったためです。

もっと作業をしたい時は連続で作業を行えるタイプのポモドーロタイマーという風に考えると、なかなか尖ってて面白いアプリかもしれません。こなした25分の作業はドットという形で保存されていくので、ドットをもっと増やしてやるという意欲を持って、変則的にポモドーロテクニックを実践できそうです。

というわけで、FocusDotsの紹介でした。
この先のバージョンアップに期待したいアプリですね。

スポンサードリンク
iPhoneアプリ 8878103717037669950
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts