Loading...

ひたすらボールをカップに入れるだけ!100 balls攻略!

20140514201337012014051420161801

ぐるぐる回るカップにひたすらボールを落とすだけ!

無機質でシュールで何の生産性も無いゲームですが、
アメリカのデイリー無料アプリダウンロードランキングで1位になっちゃったりしてます。

というわけで、100 ballsの紹介と攻略を書いてみたいと思います!

100 Ballsのゲーム紹介

ゲームのアプリは聞くより見る方が分かりやすいですよね!
というわけで拙いプレイではありますが、動画を撮影しましたのでご覧ください。

ただし変わらない絵が延々と続くので飽きたら帰って来てくださいねw
また、AirPlayでパソコンに取り込む時にどうしても効果音だけ取り込むことができず、
本当はピンポン球が跳ねるような心地いい効果音があるのですが、
お届けすることができませんでした!申し訳ございません!

画面をタップしてサーバーの中からボールを落とし、カップにボールが入ると得点ゲット。
もしカップにボールが1個も入らないと、そのカップは壊れてしまいます。

また、カップに入ったボールはリサイクルされ、再びサーバーに戻されます。
カップに入らなかったボールは2度と帰ってきません。

それを延々と繰り返し、カップが全部無くなるか、
ボールを100個以上ロストしてしまうと終了です。

操作方法やゲームのルールは3秒で把握できますが、
高得点を出すとなると非常に難しいアプリです。

ゲームの仕様説明

2014051420495201

画面をタップすると底が開いてボールが落ち、
ボールをカップに入れた分だけ得点が入るという単純なゲームです。

サーバーの左右のボックス内に蓄えられているボールはストックです。
動いているボールは合計で20個となっており、カップに入らずにロストしてしまったボールがあった場合は、動いているボールが20個となるように補給されます。

100balls

また、ボールが1個も入らなかったカップは回らなくなり、
落ちて二度と使えなくなってしまいます。

100balls2

時間が経つにつれてレベルが上がっていき、
少しずつカップのスピードが上がっていきます。

また、カップの色も変化していきます。
黄色のボールが透明のカップに入った場合は1個あたり1点ですが、
緑のカップに入ると1個あたり2点、
青のカップに入ると1個あたり3点、
紫のカップに入ると1個あたり4点、
赤のカップに入ると1個あたり5点が加算されます。

さらに、色のついたカップに入ったボールは色が変わります。
ボールはすべて入ったカップの色に染められます。
色のついたボールが透明のカップに入った場合、
その色分の得点が加算されることになります。

100 Ballsの攻略

100 Ballsで高得点を出すための最重要ポイントは、
どうやってボールを失わないようにカップにボールを入れるかということです。

テンポよく大量にボールを入れていった方が良いという考えもありますが、
結局ボールを失わない限りは無限に続けることができるため、
ボールを犠牲にするような方法はできるだけ避けるべきと言えます。

20140514210617012014051421063602

さらに、前半は大量得点できるカップがあまり多くないのに対し、
レベルが上がってくると全部のカップが赤色(+5点)になったりします。

時間は無限なので、カップが1個でも残っていればゲームを続けられます。
しかし残ボール数はこのゲームでは命です。

生き延びるためにカップにボールを入れ続けていれば、
後半になればなるほど嫌でも得点は伸びていきます。

得点効率の悪い序盤はできるだけ無理をせず、
大量得点を狙おうとせずに体力を残しておくのが安心だと思います。

画面のタップを短い時間にすれば、ボールを2個だけ落とすといった調整も可能です。
実際には、一度に2~4個くらいを目安に落とし続けるのが一番安定すると思われます。

ボールを落とすタイミング

20140514211333012014051421163601[1]

レベルが20の時とレベルが30の時では、
これだけボールを落とす時のカップの位置が変わってきます。

レベルが上がった時は勇気を持って少しずつ早めに落としていきましょう!

最後に

簡単な割に集中力が必要で難易度の高いゲームなのですが、
ゲームセンターのスコアを見ると、999999点っていう得点がカンストしてる人がいて、
世界は広いな~と思いましたwいや凄いです。ほんとに。

スポンサードリンク
iPhoneゲーム 1517405214966772291
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts

ブログ アーカイブ