Loading...

ブラックジャックによろしくの佐藤秀峰の製作日記、漫画貧乏をまとめたアプリがセールなので読んでみた感想

有料アプリではありますが、漫画の部分に関しては、漫画 on Webで全編試し読みすることができます。 iPhoneの画面では見にくいところもありますので、漫画部分はパソコンから無料で見ることをオススメします。

ブラックジャックでよろしくで有名な佐藤秀峰さんが漫画 on Webで連載していた漫画貧乏というタイトルのものを編成したものです。

20140525225238012014052522523701
(漫画貧乏より一部引用+ぼかし)

全編漫画ではなく、佐藤秀峰さんが漫画家になるまでのストーリー、編集者へ募っていく不満や漫画の未来についての憂いなどを文章でも語っています。

漫画家って結局どれくらい儲かるの?
10年後も漫画ってあるの?

そんな疑問に対する考えを、大ヒット作を持つ漫画家の立場から答えています。

アプリで漫画貧乏を読んでみた感想

編集者に対してヘイトが募っていく経緯が非常に興味深いです。

別冊宝島811『ブラックジャックによろしく PERFECT BOOK』別冊宝島811『ブラックジャックによろしく PERFECT BOOK』

この本が、実は作者に無断で作られたものだと言ったら信じられますか?
僕はかなり衝撃的でした。

え?そんなこと本当にあるの?みたいなことを編集者たちは完璧にやっちゃってくれます。

漫画家に無断で登場人物の台詞を変えてしまう。
ついには名前すら無断で変えてしまう。
二次創作権を作者に無断で外部に与えてしまう。
その辺のブラック企業を超えるほどの過密スケジュールで描き続けているにも関わらず、漫画を描けば描くほど赤字になってしまう。

そんな業界の実態を漫画家の立場から覗くことができます。
かなり面白いです。衝撃的です。
最近の美味しんぼの原発関連の表現が騒ぎになったこともあり、
作品の手綱は編集者が握っておくべきという意見もありますので、
一概にどちらが正しいとか言いにくいですが、興味深いことは確かです。

 

漫画貧乏の中で紙媒体への執着から携帯コンテンツでの配信を拒否した佐藤秀峰さんが漫画 on Webを立ち上げるに至った理由を説明しているのですが、その話がまた切ない。

それは漫画という文化を無くしたくないという思いからのものだったのですが、
本人には紙媒体への思い入れがあるにも関わらず、
「紙の時代は終わりだと騒いでるバカな漫画家がいる」
と罵られ叩かれていく様は世間というものをよく表していると思います。

 

それほど長い本ではありませんが、読んで良かったなと思える作品でした。

ただこのアプリが2つほど残念なことは、
やはりiPhoneだと少し漫画が読みにくいということ。

2014052523223201

もう1つは、作者さんHPをタップした時の挙動。
本来は佐藤秀峰氏のページあたりに飛ぶのが正しいと思うのですが、
何故か雪だるま太郎氏のブログに飛ばされますw

アプリの製作元のIsaona.comからは雪だるま太郎氏のアプリも配信されているので、アプリを作る時にURLを間違えたのだと思います。
そのうち修正されるとは思いますが、何とも言えないミスですねw

作品や文章などはとっても面白く読ませて頂きました。
ただ文章量を考えると700円はちょっと高いかなという気がするので、
セールで無料販売しているうちに急いでダウンロードしておきましょう!

スポンサードリンク
iPhoneアプリ 6977224160524468395
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts

ブログ アーカイブ