Loading...

英語エースという和英&英和辞書をセールでダウンロードしました

昨日はじめたばかりの英語学習ですが、昨日に引き続き、
脳に刻む会話で使う英単語アプリとライブ英会話アプリを使ってお風呂でちょっと勉強しました。

2日やって分かったことですが、脳に刻む英単語の学習方法は本当に脳に残ります。
今日は昨日に比べて知らない単語がちらほらあったのですが、脳にスッと入った実感がありました。

eikaiwa14050801

個人的に今日の学習で見た単語の中で秀逸だったと思った絵がこちら。

女の子を取り合ってるライバル関係なのかと思ったら、
女の子は普通に左側の男の子のことが好きで笑いましたw

英語辞書をダウンロードしてみました

英語学習するなら辞書は必要かなと思っていたんですが、
ちょうどよくセールになっていたのでダウンロードしてみました。
ちなみに価格はセール中なので0円ですが、無料だと思ってセールが終わった後に有料で購入しちゃったらいけないと思って、基本的にうちのサイトではセール中でも価格は本来の価格で表記してます。

そして今日早速調べる機械がありましたので、minuteという単語を調べてみました。

eikaiwa140508001eikaiwa14050801[1]

検索に文字を入力すると調べてくれます。
英和辞書にも和英和英辞書にもなるので助かりますね。

後個人的には英語を調べる時はweblioを使っていたので、
例文タブをタップするとweblioのブラウザになるのも嬉しかったです。

とりあえず英語辞書はこれで良さそうです。

ライブ英会話の効果

ライブ英会話で例文を聞きながらスクリプトを見てると、やっぱり発見があります。
なんていうか、単語だけ聞いて学習を終えるよりも安心感みたいなのがあるので、
今後も単語に平行してライブ英会話みたいな何か例文を見る勉強も平行していこうと思います。

今日ライブ英会話を聞いてて、思ったことが1つあります。

学校で英語を習ったとき、
「私は1年間海外で暮らしていた」
って文章をどうやって英語にしろって習いました?

僕のつたない記憶が正しければ、
「I had lived abroad for a years.」
多分こんな感じで翻訳してたと思うんですよね。

で、ライブ英会話ではどうやって表現しているかというと、
「I went abroad for a year.」

 

僕は学生の頃、過去の経験は過去分詞を使えだの、
そんな小難しいことを考えさせられました。

ライブ英会話の表現は直訳すると
「私は3年間海外に行っていた」
ってなんかぶっきらぼうに聞こえるけど、
頭の中ですっごく自然にそのことを表現しようとしたら、この英文にはたどり着きやすい。
行ったっていう表現の後にすぐ年数を言うだけで良いのもとてもシンプルで分かりやすい。
しかもこれはネイティブの使う生きた英語だから、間違ってるということはないのだ(多分)。
しかも、何故かforで~の間と訳すのは過去分詞とセットの時だけだと思っていました。

うーん、目から鱗でした。
これからも少しずつだけど、継続して勉強していこう。

スポンサードリンク
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts

ブログ アーカイブ