Loading...

iPhoneの充電ケーブルの皮膜が破れて送料無料で交換してもらった話

2014053009423101

サポート期間内であれば壊れた部品などは無償で交換・修理してもらえるのですが、
充電器の皮膜が破れただけでも交換してもらえたのでいきさつを記録しておきます。

iPhoneの充電器のケーブルの線がむき出しに・・・

iPhone純正の充電器のコードで普通に何度も抜き差ししていたのですが、
何度も曲げてるうちにコネクタの両根元部分が裂けてきました。

写真を撮り忘れたのですが、
最終的にはまるで工具で剥いたかのようにコードが円形にぱっくり裂け、
内部の電線が剥き出し状態になってました。

ただ、充電器としての本分である充電は問題なく行えたんですよね。
なので僕はどうせなら充電できないくらいほど壊れてしまってくれと思っていました。
充電できなくなったら文句なく修理・交換してもらえそうですが、
皮膜が破れた程度のことだとちょっと頼みにくいし断れるかも?という怖さがありました。

サポート期間を確かめてみる

20140530130802012014053013211401

その前に、そもそもサポートの期間ってどれくらいだっけ?
と思って自分のサポート期間を確かめてみることにしました。

設定アプリの一般、情報と進んでシリアル番号を確認し、
Appleのサービス期間確認サイトにシリアル番号を打ち込むと調べることができます。

自分のサポート期間を調べてみるとですね、
後一週間くらいでサポートが切れることが判明したんですね。

そこで僕は思いました。
ダメ元でサポートに交換してもらえるか聞いてみようと。

シリアル番号を確認したページから、
修理を依頼するというボタンを押し、
郵送修理メニューに進み、
サービスリクエストとトラブルシューティングメニューの
イヤフォン、ケーブル、またはアダプタの交換と進みました。

後は指示に従い、少々問題の診断など行った後に
コールセンターに電話が繋がり、
サポートができるかどうか質問することとなりました。

コールセンターでの会話

うやうやしい口調のサポートマンに電話が繋がりました。

充電器としての機能は損なっていないが
内部の線が剥き出しで
危なっかしいので交換して欲しいが可能かどうか、
という旨の内容の質問をしてみたところ、
どうやら問題なく交換してもらえるようです。

相手方の口調から察するに、
皮膜が破れたから交換というのはよくあることなんだろうなと思いました。

 

そしてサポートにかかる費用が完全に無料だということを聞かされて素直に凄いと思いました。無料でサポートしてくれるとは言えども、
僕はメール便の着払い費用くらいは覚悟しておりました。
本当に完全に無料で交換してもらえるなんてすごい。

新品を持った郵便が届くので、
壊れたコネクタと新品をその場で交換してもらえればOKとのこと。

交換したものから刃物で切ったような意図的に破損させたような傷跡が発見された場合は後から料金を徴収されることになるようですが、自然に裂けたものだから問題ないだろうということで気にはしませんでした。

 

サポートの電話から2,3日後に届くということでしたが、
受取日は指定できないシステムになっているそうです。

僕はサポートに昼頃電話して
その2日後の午前中に交換品が届いたので、
家に居そうなタイミングを狙って電話をかける必要がありそうですw

新品のケーブルが届いた!

2014053009414601

2014053009423101

でかいクッション封筒に包まれて小さい4sの充電コネクタが届きました。

ヤマト運輸で届いたのですが、
その場では傷の様子の確認などは行っていなかったので、
破損が意図的かどうかの診断は後から行われるようです。
ま、それは問題ないでしょう。

というわけで無事に交換できたのでした。

Appleのサポートについては賛否両論ありますが、
僕個人の今回の1件に関しては特に不満はありませんでした。
郵便の時間帯を指定できないのはちょっとどうかなと思ったくらいで、
それ以外はかなり気分の良い対応をしてもらえました。

iPhone購入時にとりあえずサポートに加入してみたという方が大多数だと思います。
せっかくサポートに加入してるんだから、使えるものは使っていきましょう!
という僕がケーブルを交換してもらったお話でした。

スポンサードリンク
other 3774146868097943585
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts

ブログ アーカイブ