Loading...

AirServerがついに録画可能に!音ズレも無しで良い感じ!

capture-20140619-132010

どうもこんにちは。@retrogadgeterです。

僕が愛用しているAirServerに素敵なアップデートがありました。

 

2014年6月18日、Version 2.0.2にアップデートされ、

ついにWindows Vista以降での画面録画がサポートされました!

今までは別の録画ソフトを使うか、Reflectorでしか取り込んだ画像を録音できませんでした。

非常に嬉しいです。

 

というわけで、早速使ってみました。

画面上で右クリックするだけ!

20140619133840011

AirServerでiPhoneの画面を取り込んでいる時に右クリックすると、iPhoneの名前が表示されるようになりました。

AirServer側で設定した名前ではなく、iPhoneで設定している名前がそのまま表示されます。

 

Recordをクリックすると…

201406191338400112

左上にRECという文字が出てきました。

 

録画が終わったら、また画面を右クリックしてStopを選択。

201406191338400113

 

すると、wmv形式で動画ファイルが出力されるので、保存先を選択。

201406191338400114

録画時には

Constant Bit Rate(固定ビットレート)か

Variable Bit Rate(可変ビットレート)を選択することができます。

 

ここの設定で音声のビットレートが変更になります。

Constant Bit Rateだと音声ビットレートが128kbps固定になるようです。

高音質で録音したいなら可変ビットレートの方が良さそうですね。

capture-20140619-143121

ファイルサイズが大きいと出力にかかる時間も長くなります。

出力にかかるまでの時間が表示されるのは嬉しいですね。

 

出力された画像の縦横比やサイズは、

Mirroringのサイズ設定で決定されるようです。

Mirroringの設定についてはこちらを参考にしてください

 

フレームレートはどうやら25で固定のようです。

画面が動いてから画像の録画が始まる

通常の録画ソフトとはちょっと違う特殊なところがあります。

録画を開始してから、iPhoneの画面が少しでも動かないと画面が録画されません。

 

画面が動いてない時は通信を行っていないからでしょうか?

でも一旦画面を動かして録画が開始されれば、後はどこかで止まっても普通に録画されます。

録画してみた感想

エンコードが長く、待つのが面倒なので長時間の録画だと後処理が面倒ですが、音ズレすることもなくて実用的な範囲だと思いました。

毎回右クリックで録画するのが若干面倒ではありますが、いつでも録画できるようになったというのは大きいですね。

capture-20140619-150156

ちなみに、撮影中に縦と横が入れ替わる(ランドスケープモード)場合は、

ランドスケープモードのサイズに縦画面を収める感じで録画されます。

AirServerの使い方などのまとめ記事もどうぞ!

スポンサードリンク
AirServer 8406712544626124500
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts

ブログ アーカイブ