Loading...

AirServerでQuickTime等を入れるとパフォーマンスが上昇する?

AirServer公式サイトにはこんなことが書かれています。

To improve video streaming over AirPlay compatibility, install iTunes, QuickTime, LAV Filters, Haali Media Splitter and FFDShow Tryout.

iTunes
QuickTime
Lav Filters、
Haali Media Splitter & FFDShow Tryout

これらのソフトをインストールすることで
AirPlayのビデオストリーミングが改善されると書いています。
コーデックが使えるようになるからだとか。

ですが、iPhoneの画面をミラーリングしてパソコンで見るだけだったら、
別に無理してインストールしなくて良いんじゃない?っていう記事です。

ちなみに僕はWindowsユーザーです。

確かに画質は良くなってる…のかな?

僕は元々画質にはそこまでこだわらない方なのですが、
一応全部のソフトをインストールしてミラーリングをしてみても
見た感じ違いがよく分からなかったんですよね。
若干色味は変わっていたので、やっぱり多少は変わってるとは思うのですが…

時たま発生する軽微なラグ等もWiFi環境が原意なので
これらのソフトをインストールしたからと言って軽減されるということもないですし、
わざわざソフトをインストールする程の価値をイマイチ掴めませんでした。

おそらく、YouTubeの再生時とか、
iTunesでダウンロードしたビデオを再生する時とか、
そういう時だけ限定的にパフォーマンスが改善されるのだと思います。

 

しかも、僕の場合は何故かYouTube動画がミラーリングできず、
これらのソフトをインストールすることで改善されるのかと思いきや、
すべてのソフトをインストールしても以前見れないままです。

 

というわけで、僕はこれらのソフトは別にインストールしなくていいと思います。
必要だと思ってからインストールしても遅くないかなと。

AirServerについての記事のまとめもご覧ください

スポンサードリンク
AirServer 4372408413063990554
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts

ブログ アーカイブ