Loading...

サッカー日本代表が帰国。口だけって言うけど、口だけの何が悪いんだろう?

ブラジルワールドカップでグループリーグで無念の敗退で幕を閉じた日本代表が帰国しました。

敗戦直後は色々と批判が集中していて

世間は冷たいななんて思っていたところですが、

こうやって日本の代表として戦った選手たちが

大勢のサポーターに笑顔で迎えられている光景を見て安心しました。

選手たちの表情は硬いですが、それで良いと思います。

 

選手たちも帰国したことですし、

ここ最近のサッカー日本代表に向けられた批判について

ちょっと自分の意見を述べてみたいと思います。

口だけの何が悪いの?

身も蓋もないことを言いますが、

日本代表が優勝すると本気で思っていた人は

世界中何処を探してもほとんど居ないはずです。

特にサッカーに詳しくもない僕ですら、

世界と日本の間に壁があることくらいは分かります。

 

僕でも分かることですから、

第一線で活躍する選手たちも当然分かっていたはずです。

例え本気で「優勝する」と言ったとしても、

レベルの差があることは絶対に理解していたはずです。

じゃあ何でそんな大きな目標を掲げたのかを自分なりに考えてみたのですが、

やっぱり、選手として優勝を目指すのが当たり前だから、

ただそれだけだと思うんですよね。

 

やるからには勝つという気持ちでやるし、

勝つという気持ちでやらなければ勝てるものも勝てない、

きっと勝負の世界ってそういうものだと思うんです。

だから例え実力の差があったとしても、

自分たちが勝利すると信じる必要があるのだと思います。

だから優勝を目指すチームとしては

口だけになってしまうと分かっていても、

自分たちを鼓舞するために優勝を口にしても良いと思います。

 

日本の代表を応援する一人の日本国民としても、

本気で優勝を目指しながら戦ってくれた方が熱くなれるし、

夢を見せてくれた方が盛り上がれます。

 

そんな風に夢を見せてくれる選手たちですが、

負けた時には「優勝できなかった」と頭を下げます。

選手は実際に悔しいだろうし申し訳ないという気持ちもあるだろうから、

その悲しみを謝罪という形で整理するのは悪くないかもしれません。

 

でも世間は冷たいですね。

「期待させておいて、この責任はどう取ってくれるの?」

みたいな空気でバッシングするのですから。

有言実行は確かに理想だけど、

言ったからには結果出せよっていうのはいくらなんでも冷たすぎる。

 

選手たちは自分のためにサッカーをしているはずだし、

それに乗っかって世間が騒いだり盛り上げたりしてるだけなのに、

どうして世間を満足させられないことが悪みたいになるのだろう。

アスリートたちはただでさえテレビ的なこと、世間のことも考えて発言してくれるのに、

それがまるで約束を破ったかのように批判されるのは見ていて辛いものがあります。

「口だけで終わってしまった」

というのは、選手たちが悔やみながら言うだけで良いと思います。

 

と、そんなようなことを最近の批判記事を見ていて思っていたわけですが、

日本代表が空港で暖かく迎えられているシーンを見て、安心しました。

選手たちの顔は硬いですがそんなのは当たり前で、

選手たちは負けてしまって心中穏やかでは無いでしょうし、

世間に対して顔向けできないと思っているかもしれません。

そういう時こそ、こういうサポーターの応援が力になるんじゃないかなって思うので。

スポンサードリンク
other 939545965369123687
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts

ブログ アーカイブ