Loading...

耳栓の痛さと遮音力はトレードオフか…moldexの使い捨て耳栓を色々試してみた感想

by カエレバ

睡眠の質を上げるためにはアイマスクと耳栓のコンボが効果的だ、ということは色々なところで紹介されております。

余計な音や光に邪魔されないようにすることで睡眠効率を上げて短時間でスッキリお目覚めできるというわけですね。

 

というわけで、昔耳栓詰め合わせセットなるものを買って

色々な耳栓を試した時のことを思い出しつつ書いてみようと思います。

結局のところ、遮音力と耳の痛さはトレードオフという悲しい事実

色々な耳栓をとっかえひっかえ試してみて、

僕はある1つの事実に気付きました。

 

より効果の高い耳栓であればあるほど

耳が痛い!

ということに。

 

これはもうどうすることもできない現実なのだと悟りました。

MOLDEXの耳栓リストを見ると、NRRっていう数値がありますよね?

これはノイズリダクションレイティングという数字で、遮音力を表します。

単位はdB(デシベル)です。

例えば100dBの騒音がする空間でNRRが30の耳栓をつけた場合、

単純計算で体感では100-30で70dBになります。

 

で、MOLDEXの耳栓は、

同じ種類であっても通常サイズと小型サイズがあったりします。

通常サイズではNRR(遮音値)が33なのに、

小型サイズではNRRが28にまで落ちたりするわけです。

 

音の振動が耳に伝わらなくするためには

やはり素材の力だけでは限界があるようで、

高い遮音力を求めるならば

それだけのサイズが必要になるのは仕方のないことのようです。

 

サイズが大きいということは

耳の中で耳栓が押してくる力も強くなってくるというわけで、

柔らかい素材などが使われていてもやっぱり痛いわけです。

 

色々な耳栓を使いましたが、

寝て起きた時はどの耳栓を使っても多少は痛かったです。

そしてやはり大きい耳栓であればあるほど痛かったです。

多少素材が柔らかくとも、数時間もつけっぱなしだとやっぱり痛むのです…

NRR33とNRR28の違い

さて、大型と小型でNRR33とNRR28になると言いましたが、

それはメテオっていう種類のモノで、僕のお気に入りがそのメテオなわけですが、

このNRRの5の差っていうのが、実はとんでもなくでかいんですよね。

 

NRR28の場合、単純に世界が静かになります。

普通に耳に聞こえてくる程度の雑音なら、

多少音が小さくなりますが普通に聞こえてきます。

例えば、耳栓を付けつつ音楽を聴きながら寝るといった荒業も可能なレベル。

 

NRR33の場合、かなり無音の世界に近づきます。

目の前で流れるテレビですら、注意しないと何言ってるか分かりません。

この状態で音楽を聴きながら寝ようとすれば、

まず間違いなく近所迷惑、ご近所様から苦情が来るでしょう。

 

それくらいNRR28とNRR33には差があります。

 

だから、耳の痛さとか言う以前に、

完全なる無音の世界に入りたい人と、

何かを聴きながら眠りたい人では選択肢が変わってくると思うんですよね。

 

僕は完全なる無音派なので、大きいサイズの方を使っています。

色々試した中ではメテオが一番痛くなかったと思うのですが、

それでもやっぱりちょっと痛かったりします。

 

耳の痛みのせいで睡眠効率が下がったら本末転倒じゃんと思ったりしつつも、

僕は耳栓とアイマスクをつけて眠った方が短時間でパッチリ起きれてます。

これで耳が痛くならなかったら最高なんですけどね…

by カエレバ
スポンサードリンク
美容・健康 6023309259586246936
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts

ブログ アーカイブ