Loading...

やる気が出ない時の対処法は冷水シャワーを浴びて交感神経を活発にするのがオススメ

201407151429

イマイチ効果を実感しにくい冷水シャワーですが、速効性のある効用を1つ思い出しました。
やらなきゃいけないことはあるけど、イマイチやる気が出ない、面倒くさいって思うときありますよね?
そういう時は冷水シャワーを浴びるとやたらやる気が出ます。マジです。

元々冷水シャワーを始めた時にはそういう効用があることは知りませんでしたが、
冷水シャワーを浴びた後は何故かやる気が出ることは経験上知っていました。

何で冷水シャワーでやる気が出るのか?

その理由を感覚的な部分から考えると、冷水で身体が叩き起こされて目もさめてしゃっきりして体もさっぱりして、それらが最適の気分転換になって、やるぞーっていう気分にさせてくれるからじゃないかなと。

もうちょっとそれっぽい理屈を言うと、冷水シャワーを浴びると自律神経に刺激を与え、交感神経が活発になります。
交感神経は「闘争と逃走の神経」と呼ばれるように、行動力に影響します。脳や体が活発に動く体制が整うため、やる気も出てくるというわけです。

 

ちなみに、そういうやる気とかモチベーションなどの精神的な体調管理を目的として冷水シャワーを浴びるなら、温水シャワーと冷水シャワーを交互に浴びるのがオススメです。回数は適当で良いですが、最後は冷水で締めます。

温水を浴びている時は体がリラックスして副交感神経が活発になり、
冷水を浴びている時は体が緊張して交感神経が活発になります。

交互に温水と冷水を浴びることで交感神経のバランスが取れ、ストレス解消やうつ病の予防になったりします。

 

というわけで、やらなきゃいけないことはあるのに、イマイチやる気が出ないという方とか、心を整えたいという方にも冷水シャワーはオススメというお話でした。

ちなみに、やる気を出す系のお話ではこんな本もオススメ。

図解でわかるスタンフォードの自分を変える教室

スポンサードリンク
冷水シャワー 5336437736843153060
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts

ブログ アーカイブ