Loading...

シベリアで火事になると日本が煙で満たされる?北海道に煙霧がかかり、PM2.5が7倍に…

北海道で煙霧 大陸の森林火災の影響か NHKニュース

Map of Russia - Sakha (Yakutia) Republic (2008-03).svg
"Map of Russia - Sakha (Yakutia) Republic (2008-03)" by Marmelad - Made from Image:Map of Russian subjects, 2008-03-01.svg. Licensed under CC 表示-継承 2.5 via ウィキメディア・コモンズ.

 

 

なんでも、東シベリアで起きた火事が原因で札幌が煙につつまれるという事件が発生していたんだとか。

確かに近隣で火事になったら結構広い範囲まで煙たくなるのですぐに分かるっていうのもありますけど、まさか海を挟んだ文字通り対岸の火事でも日本まで煙がやってくるとは思いませんでした。

ロシア極東で森林火災相次ぐ NHKニュース

ロシア極東から東シベリアにかけて、雨が不足して空気が乾燥していることにより森林火災が相次いでおり、非常事態が宣言されるほどの騒ぎになっていたんだとか。

火事の煙が日本にまでやってくるくらいだから、相当ひどい火事になっているのでしょうね…

PM2.5といえば中国っていうイメージがありますが、PM2.5というのは浮遊している微粒子のことですから、燃焼による排出ガスもPM2.5になるということらしいです。

山火事が原因ということなので、時間が経てばPM2.5の濃度も落ち着いてくるでしょうが、普段の7倍とかいう話を聞くとなんだかちょっと不安になってしまいますね。北海道民の方々は、少しの間マスクを着用するなどの対策を行ったほうがよろしいかと思われます。

スポンサードリンク
ニュース 2304996265444475132
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts

ブログ アーカイブ