Loading...

Google Chromeで言語設定を変えてもウェブサイトが英語やその他の言語で表示される場合の設定

Google Chromeには「言語と入力の設定」という設定項目があり、
ウェブサイトをどの言語で表示するかというのを設定することが可能です。

しかし、設定でGoogle Chromeを日本語で表示する設定をしたとしても、
画像のようにウェブサイトがまるで海外からのアクセス者向けのように表示されることがあります。

長らく解決法が分からなかったのですが、
最近やっと簡単な解決法を見つけたのでシェアしておきます。

まずはChromeに日本語を追加する

1.Chromeのメニューを開き、設定ウィンドウを開きます。

2.詳細設定を開き、言語と入力の設定をクリック。

左下の追加ボタンから日本語を追加し、
「Google Chromeをこの言語で表示」で日本語を設定します。

ウェブサイトを表示したい言語を一番上にドラッグする

私が引っかかっていたのはこれで、
どうやらウェブサイトが複数の言語に対応している場合、
順番が上になっている言語がより優先されるようです。

言語を追加したままでは日本語が一番優先度が低い状態になっており、
日本語以外の言語に対応しているような大きなウェブサイトですと、
英語など先に追加されていた言語が優先されてしまうようです。

というわけで、ウェブサイトがきちんと日本語で表示されるようになりました。
めでたしめでたし。

スポンサードリンク
Windows 1248642877001399748
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts

ブログ アーカイブ