Loading...

ダルビッシュ有さんがマウンドのゴミ拾いで絶賛!星も守れるの意味は?

 

 

メジャーで活躍中のダルビッシュ有さんが、試合の途中でマウンドに飛んできたゴミ袋を回収したシーンが話題に!

「You can save the planet too!(君は星も守れる!)」と称えられたこのシーン。私はニュースの見出しだけ見たとき、「日本人の几帳面さが絶賛されたという例のアレかな?」と思ったんですが、実際のシーンの動画を見てみると、いくらか状況が違ったように思えましたw

こんなに近くにゴミがあったら気になるのは当然という突っ込み多数

Cut4(メジャーの面白シーンを特集する公式アカウント)に上がった動画を見てみると、ゴミ袋とマウンドの距離がめっちゃ近い!w

マウンドに盛られた土のサークルの範囲から手が届く距離にゴミが置いてあり、普通に投げようとしても視界にチラつくくらいの距離。下手したら、投げてる最中に風でゴミが飛んで、足を滑らせたり視界に入って投球の邪魔になるかもしれない。

「模範的市民」と表現されたダルビッシュ有さんのこの行動で、ゴミにダルビッシュを邪魔する意図は全くないとも説明されてはいるものの、普通に考えて投球の邪魔になりそうな位置にゴミがあるので、大事を取ってゴミを片付けようとするのは極めて自然な行動に見えました。

実際ネットでも同じような突っ込みが多くて、
「外人はこの距離にゴミがあっても拾わないの?」
「どう考えても普通に邪魔」
「普通に近くにあるゴミだった」
的な感想と突っ込みが多かったですw

そういうのを分かったうえでユーモアとしてこのように取り上げたとしたら、ユーモアもあるし、エンターテインメントとしても面白いしアメリカっぽくて良いですね。

You can save the planet too!(君は星も守れる!)の意味は?

この動画がツイッターにアップされたとき、君は星も守れるという紹介の仕方の意味がよく分からなかったので考えてみました。

この試合が行われたのは、ダルビッシュ有さんが所属するテキサスレンジャーズの本拠地、グローブライフパークインアーリントンでした。

そしてテキサス州の州章がこれ。

テキサス州章

真ん中に煌めく1つの白星が特徴的なテキサス州のマーク。
そしてテキサス州の州旗も星が特徴的なこんなマーク。

テキサス州旗

テキサス州といえば☆マークであり、テキサス州は別名
「Lone Star State(一つ星の州)」と呼ばれています。

つまりプラネットとはテキサス州を表した隠喩・・・
というところまで考えたのですが、
英語ではstarとplanetって明確なニュアンスの違いがあるんですよね。
その意味では、テキサス州はどう考えてもplanetでは無い・・・

でもPlanetがテキサス州の表現という線は悪くないと思ったので、Planetとテキサス州の関係を探してみると、こんな楽曲を発見。

Planet Texasという楽曲がある!
しかも歌っているのはアメリカの国民的歌手のケニー・ロジャースだ!

YouTubeの再生回数は16万とそこそこですけど、アメリカではそこそこの知名度があって、Planetといえばテキサス州が連想される・・・というのは妄想が過ぎるかもしれませんね。

Planetはそのままの意味でこの地球を指したのか、テキサス州を指したのか、ハッキリ確証は得られませんでしたが、とにもかくにもダルビッシュ有さんの何気ない行動が注目されたというお話でした。

おまけ:この日の試合結果

ちなみにこの日、ダルビッシュさんは好投したものの1点だけ取られてしまい、味方の打点の援護が全く無かったためにテキサスレンジャーズは試合に負けています。

やはり1人の力だけではPlanetを守ることはできないという教訓でしょうか?w

スポンサードリンク
野球 55431364145405118
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts

ブログ アーカイブ