Loading...

コラーゲンの体内合成を促すには、コラーゲンを飲むかナールスゲンとビタミンCを塗ると良い

コラーゲン

「ナールスゲン」という素材を知っているでしょうか。
京都大学化学研究所と大阪市立大学院の共同研究の成果を元にアンチエイジング化粧品原料として商品化されたもので、元々はγ-グルタミルトランスペプチダーゼ阻害物質(GGsTop)とかいう聞きなれないものです。

研究結果が分かりやすくPDFにまとめられていたので眺めてみたのですが、なかなかに面白い物質です。

コラーゲンを飲むと、体内でコラーゲンを生み出す線維芽細胞を活性化させることで、間接的に体内のコラーゲン量が増えることが知られていますが、ナールスゲンは化粧品として皮膚に塗るだけで、周辺の線維芽細胞を活性化させてコラーゲン量を増やしてくれるようです。

皮膚にビタミンCとナールスゲンを塗布したときの実験結果

ナールスゲン

皮膚にビタミンCを塗布したところ、
コラーゲン産生強度が36.8%ほど増加したそうですが、
ナールスゲンを塗布したところ、90.0%という高い数値まで強度が増加したという実験結果が出ています。

更に、ビタミンCとナールスゲンを両方塗布したところ、
コラーゲン産生強度が135.7%増加したということから、
ビタミンCとナールスゲンを両方含む化粧品を使用することで、
ナールスゲンとビタミンCの相乗効果でコラーゲンの体内生産の割合が増えるということが分かります。

ちなみに実験では、コラーゲンを結びつける役割のあるエラスチンや、コラーゲンの作るのに役立つHSP47(ヒートショックプロテイン)の割合も増加していることが確認されています。

線維芽細胞が活発になるとコラーゲンの体内生産が活発になる!

一時期「コラーゲンは飲んでもアミノ酸に分解されるから意味が無い」と言われていたコラーゲンですが、最近の研究で実はコラーゲンを直接飲んでも一部はそのままコラーゲンとして吸収されることや、線維芽細胞を活発にさせることで間接的に体内のコラーゲン量を増加させることに寄与することが分かってきました。

なので私はコラーゲンの力で美容を目指すならコラーゲンのサプリを飲むのが最も良いと思っていたのですが、ナールスゲンとビタミンCは肌に塗ることで実際に真皮層の線維芽細胞に働きかけてコラーゲン産生促進ができるということに驚きました。

線維芽細胞がある真皮層というのは、表皮層の下にあります。
表皮は人体に有害な成分を入れずに体内の老廃物などを排泄する器官のため、肌の上から何らかの物質を真皮まで浸透させるのは非常に難しいことなのです。

低分子コラーゲンと言われる粒の小さいコラーゲンよりもナールスゲンは3割ほど粒が小さいため、表皮に塗布してもきちんと真皮の線維芽細胞に働きかけることができるのでしょうか?
(※低分子コラーゲンの分子量は約500~3000なのに対し、ナールスゲンの分子量は約331)

ナールスゲンとビタミンCが配合された化粧品のおすすめ紹介

ナールスゲンコスメを選ぶなら、ビタミンC誘導体が配合されたものを選びましょう。コラーゲン産生促進の相乗効果が狙えます!ナールスゲン配合のコスメを選ぶなら、ナールスコムの化粧品がおすすめです。

ナールスゲンの効果があるとされる推奨濃度を配合しつつ、ビタミンC誘導体で相乗効果が期待できるというナールスゲンのエビデンスに基づいたナールスゲンコスメが販売されています。

ナールスゲンとビタミンCのローション


ナールスゲン配合エイジングケアローション「ナールスピュア」

素肌サプリメントというよく分からない表現で紹介されていますが、要は肌ケア用のローションです。洗顔後に普通に顔全体に塗って使えるコスメ。
1本で1ヶ月から2ヶ月分です。

とりあえずナールスゲンコスメを探しているなら、
ナールスピュアを化粧水の代わりに使ってみることをおすすめします。

ナールスゲンとビタミンC誘導体のハンドクリーム


ナールスゲン配合エイジングケアローション「ナールスピュア」

こちらのナールスピュアは、薔薇の香りの女性向けのハンドジェル。
ナールスゲンとビタミンC誘導体、
そしてビタミンEや抗酸化作用のある成分が色々と配合されています。

顔じゃなくて手のケアをしたいという方に。

コラーゲンは傷付いたものを修復するのが得意なので、手荒れが気になる方にはナールスゲンのハンドクリームは相性が良いかもしれません。

スポンサードリンク
美容・健康 3030156062435939762
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts

ブログ アーカイブ