Loading...

【ハイレゾ】microSD専用の手の平サイズ音楽プレイヤー【mp3再生不可】

icon icon

現在の音楽プレイヤーのほとんどは、音楽プレイヤー自体に
独自の保存領域(ストレージ)があるタイプとなっています。

定番のmp3プレイヤーもそうですし、
iPodなんかもAACなどの形式に圧縮して保存したりしますよね。
iPhoneやAndroidなどの携帯電話もそうです。
最近はクラウドストレージの音楽を再生するという凄いものもあります。

そんな時代の流れに逆らうかのような傾奇者の音楽プレイヤーを発見しました。
なんとその音楽プレイヤー、microSDからしか再生できません。
しかもmp3やAACにすら対応していません。
それなのにハイレゾ対応で高音質という超絶ニッチな性能をしております。

microsd

その名は「High-Reso CuBit」

icon iconicon iconicon icon

CuBit(キュービット)と名乗るこの音楽プレイヤーは、
あの大手レコード会社のエイベックスが企画して誕生したという地味凄な音楽プレイヤーでして、どこかのよく分からない会社が作ったアイデア商品というわけではないんですよね。

デザインもコンパクトかつ結構攻め気味のカラーリングなのが面白いです。
グリーンはボタンと本体カラーが同じで最も無難ですね。
個人的にもグリーンが最もお気に入りのカラーリングです。

icon icon

現代のメインストリームから言えば
ぶっちゃけ時代遅れのデザインと言わざるを得ませんが、
デザインよりも性能という硬派な方には逆に良いかも?
でっかいコントロールボタンは実に押しやすいと思います。
あ、最近はイヤホンで操作できるんでしたっけ・・・

機能的には完全に普通の音楽プレイヤーとかわり映え無く、
本体側面に再生コントローラがついているのと、
誤操作を防ぐロックスイッチがついています。

液晶パネルには楽曲タイトル以外にも、
曲の再生時間や残り充電が表示されるのは地味に嬉しいかもしれません。

というわけで機能的には本当に普通の音楽再生プレイヤーと同じなのですが、
microSDからのみの再生で、しかもハイレゾ対応高音質というのが
なんともニッチで面白いと思うのは私だけでしょうか。

改めて商品をよく見てみると、需要もそれなりにありそうです。
今こうやって見ている私もちょっと欲しくなってきていますw

WAV再生なのでCD音源を入れるには丁度良い

cubit

今はCDが売れなくなってきている時代と言いますが、
楽曲をダウンロードで購入するよりも
CDを借りてきて取り込んだ方が安かったりすることも多々あるわけで・・・

また昔の楽曲だとダウンロード販売自体されていないこともあったりするわけで、
CDから取り込んだ音楽を持ち歩きたいという需要はまだまだあると思います。
私は音楽の購入から再生までほとんど全部iPhoneで済ませてしまっていますが。

CDから音楽を取り込むとWAV形式で取り込まれることが多いので、
CDからWAV形式で取り込んだ音楽を手軽に持ち運ぶなら
CuBitはなかなか便利な音楽プレイヤーだと思います。

WAVは容量食いですが高音質なので、
ハイレゾ対応の音楽プレイヤーでガンガン聴くのには最適です。

また通常の独自ストレージに音楽を保存するタイプの音楽プレイヤーと違い、
保存領域がmicroSDという外部保存領域のため、
複数の音楽が入ったmicroSDをストックしておき、
気分で入れ替えるといった使い方もできるため、

保存領域が致命傷になることは無さそうです。

こだわる人に人気のFLAC形式もサポート

CuBitは、あまり知名度の無いFLACという形式もサポートしています。
しかしFLACは知名度こそありませんが、FLACをサポートしているというのは
流石エイベックスさんは分かっているなという感じがします。

音楽の圧縮形式として有名なmp3の特徴をザックリ言うと、
「この音域は人間じゃ聞き取れないから要らなくね?」
というのを思い切ってバッサリデータから削除することで
大幅なファイルの軽量化と高音質を両立している圧縮形式です。
データを削除して圧縮しているため、
二度と元のデータに復元することはできません。

しかも人間の耳というのは不思議なもので、
聞き取れない範囲の音を削除しているのに
何故か音質の劣化を感じてしまったりするんですよね。

それに対しFLAC形式というのは、
圧縮しても元ファイルの7割程度にしか圧縮できませんが、
音質の劣化は全くありません。
ロスレス圧縮や可逆圧縮と呼ばれる圧縮形式で、
元の音声ファイルのデータを損なわずに圧縮しています。

圧縮率が悪いこと、知名度が致命的に足りないのでほとんどの既存音楽プレイヤーが対応していないことから、ほとんど見かけることの無い再生形式ではありますが、音質マニアの方なら知らない方は居ない再生形式だと思います。

CuBitがFLAC形式に対応しているというのは、
ハイレゾ対応ということからも分かりますが、
かなり高音質に重きを置いて作られた音楽プレイヤーなのが伝わります。

それにしても、
mp3、AAC再生不可というのは相当思い切ったなとは思いますが、
そのニッチ需要を全力で駆け抜ける姿勢は大好きです。

microSDでハイレゾ対応をお探しならCuBit

icon icon

高音質な音楽プレイヤーを探している方は数多くいらっしゃるでしょうが、
高音質かつmicroSD専用の音楽プレイヤーを探している方は
一体世の中にどれほどいらっしゃるのでしょうか。

そんなニッチな需要を駆け抜ける音楽プレイヤー、
High-Reso CuBitの紹介でした。

機能的には非常に面白くて興味を持ったのですが、
もう少し全体のデザインとかをじっくり見たいところですね。
背面のデザインが公開されていませんが、
この女性が手に持ってる青色のCuBitを見る限り、
背面のカラーリングは黄色になっているような気がします。

あと、今時の音楽プレイヤーには多分珍しいことだと思うのですが、
Bluetoothイヤホンには非対応のようです。
高音質にこだわりがあるみたいなので、
無線イヤホンには用が無いといったところでしょうか?

用途的にはかなり人を選ぶ音楽プレイヤーだと思いますが、
逆に言えば、CuBitを必要としている方からすれば
他に音楽プレイヤーの選択肢が無い可能性も・・・?

なんだか非常に気になる音楽プレイヤーでした。

スポンサードリンク
JustMyShop 3460359895241709754
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts