Loading...

iOS8リリースからおよそ2ヶ月、ScenarioTimerというアプリの待望のアップデートが来るまでに思ったこと。結局6 plusもいつかは正常に動かない日が来るんだよね…

2014111304493701

以前シナリオタイマーというアプリをさらっと紹介したことがありましたが、かるーく紹介した割にはなかなかお気に入りのアプリだったりします。歯磨きに必要な時間を部位毎に記録して使ったり、軽いトレーニングのインターバル管理だったり。歯磨きにしてもトレーニングにしてもそれ用タイマー系のアプリはいくつかありますが、何回も同じタイマーを使う場合にはこのシナリオタイマーにプリセットを作っておくと非常に捗ります。

しかしこのシナリオタイマーですが、長らくiOS8にアップデート対応しておらず、新しいタイマーを作成することが実質不可能になっていました。気がついたら10月31日のアップデートで対応されており、おまけにURLスキーム(scenario://)に対応してくれたのは良かったのですが、iOS8になって通知を利用したランチャーは使いにくくなったのでURLスキームのありがたみは半減と言った感じです。ランチャーアプリに登録できるのは嬉しいですが、是非ともウィジェットに対応して欲しいところです。

ScenarioTimerはフリーのデベロッパー様が開発されているアプリなので、アップデートの対応が遅れたり、最悪突然リムーブされたまま帰って来なくなることもありえると思って利用させて頂いているのですが、僕がいまだに4sを使っていることもあり、新機種を買うということ、時代の流れについて考えさせられました。

僕がiPhone 4sを買ったとき、フィーチャーフォンとはまったく違うその操作性、スペック、自由度に感動したことは今でも覚えています。きっと、今iPhone6 plusやその次に出る新機種を購入したとしても、なんらかの新鮮な感想はあることでしょう。それはiPhoneに限らず、パソコンや多くの家電などにも言えることだと思います。

しかし、iOSはアップデートされ、4s全体の挙動がなんとなく引っかかるようになったりもっさりするようになり、正常に動かないアプリはどんどん増えていきました。一番堪えたのは今回のシナリオタイマーでしたが、Nike+ Training Club
のプログラム作成も長らくできなかったのも残念な気持ちにさせられました。

2014111305095601

今ではこんな感じできちんとプログラム作成できるようになりましたが、最近まではプログラムの作成ボタンをタップした瞬間にアプリがフリーズして強制終了するしかない状態になっていたんです。大好きなものが壊れれば誰しも悲しいと思いますが、僕もそんな気持ちでした。いつか直ると信じてはいましたが…

 

これらのアプリはiOS8の対応の問題だったので修正されるまでは時間の問題だったのですが、僕が使ってるiPhone4sに関してはそうではありません。これからのアプリはどんどん新機種への対応が進んでいき、古い機種へのサポートはどんどん薄くなっていくでしょう。

それ自体は当然のこととして受け止めているのですが、問題なのは現行の最新機種であっても、いつかは時代の波に置いていかれてしまうということ。なんというか、最新機種が出るたびにApple Storeに行列が出来る理由がなんとなく分かった気がします。僕はできれば気に入ったものを長く使いたいタイプなのですが、iPhoneにおいてそれは少し難しいのかな、なんて思ったりしました。なんかApp StoreもiOS8にしてから重く感じますし。

しかし、やがて使いにくくなってしまうことを考えると、いつ買い換えるか非常に悩みます。正直今のiPhone6はちょっと自分には大きすぎるのですが、今更5sとか買うのもどうかなという気もします。というわけで、次の機種が出るまで様子見することにしましょうかね。

スポンサードリンク
iPhoneアプリ 370270039966910338
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts