Loading...

洗いさえすれば、もやしを生で、ぶどうを皮ごと食べても問題ないのかな?

「もやしを生で食べるのはアメリカでは普通」外国人が語る、日本人が驚く食文化とは | NewSphere(ニュースフィア)

アメリカでは様々な野菜を生で食べるし、様々な果物を皮ごと食べるそうだ。

日本ではぶどうの皮を剥いて食べるが、アメリカては皮ごと食べるのが当たり前だという。日本では皮はあまり健康に良くないと思われているが、皮には栄養が豊富に含まれているから捨てるのはもったいないというのだ。

でも僕は、果物の皮には農薬が残っているから食べない方がいいと言われたことがあり、それを信じていた。そこで、実際のところどうなのか、少し調べてみた。

とにかく洗って食べれば大丈夫かな?

残留農薬カット5つのコツ-キッチンで今日からできる!下ごしらえで残留農薬CUT!5つのコツ:日経ウーマンオンライン【春の解毒野菜ランキング&レシピ】

この記事によると、皮は残留農薬が多いということは確かなようです。

しかし、農薬は水に溶けやすいので流水にさらしておくことでとかして流すことができるという。

生だろうがなんだろうが、とりあえずしっかりと洗って食べた方が良いのは間違いないようだ。

もやしとぶどうと農薬

ニュースで主に取り上げられていたもやしとぶどうについて、農薬との関係性を調べてみました。

ねぎ、もやしの選び方、調理法 |農薬の害をより少なく

こちらによると、もやしは基本的には薬などは使われないそうです。水で洗えば、生でも問題無く食べられそうですね。

ぶどうは房に袋を被せ、直接農薬がかからないように栽培されるようで、農薬はほとんど残らないそうです。

これを調べている時に知ったのですが、品質の高いワインを作るための法律が整備されている国では、栽培方法も厳しく制定されており、房に袋を被せて農薬を使うような栽培方法は禁止されているそうです。

そうやって育てられたぶどうの皮なら間違いなく健康に良さそうですね。ちなみに、ぶどうの皮にはタンニンが豊富だそうです。

スポンサードリンク
other 3585998819139945756
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts

ブログ アーカイブ