Loading...

Staccal 2がアップデートでウィジェット対応の定番高機能カレンダーアプリに進化!通知センターのランチャーが使いにくくなったので、もっと対応アプリが増えて欲しいね

2014100922580901

iOS 8になり、ウィジェットという画面上部からスワイプ一回で呼び出せるショートカットが追加された反面、通知センターをランチャー化するアプリに対してAppleが不快感を示したことが分かり、ウィジェットが追加された喜びよりも通知センターランチャーを以前のように使えなくなったことに対する悲しみの方が深い僕です。
(参考:Apple、iOS 8の通知センターからアプリを起動するアプリを禁止 - TechCrunch

ウィジェットに対応しているアプリもまだまだ少なく、通知センターから起動すると決めていてホーム画面のどこか隅っこに放置していたようなアプリたちを起動する時は、よくSpotlight検索を使っています。

嘆いてばかりでも仕方ないので、ウィジェット関連の良いニュースを紹介しようと思います。高機能なカレンダーアプリとして評価が高いStaccal 2がアップデートされ、ウィジェットに対応しました。

iOS 8以前からカレンダーアプリにはStaccal 2を愛用しており、通知センターから起動していました。iOS 8になってからは、いつでも何処でも手間なく起動したいはずのカレンダーを起動するのが億劫というあまり良くない状態でした。

そんなStaccal 2がウィジェットに対応し、また昔のように手間なく何処でも起動できるアプリになって帰ってきました。嬉しいです。とても嬉しいです。表示するカレンダーの種類は自分で選ぶことができます。

前はURLスキームから直接ToDoを入力する画面まで移動できたので少々物足りないですが、しばらくは(ずっと?)これで我慢しようと思います。もっとウィジェット対応アプリがいっぱい増えて欲しいですね。

スポンサードリンク
iPhoneアプリ 7323893357341572439
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts

ブログ アーカイブ