Loading...

眠りが浅い時に起こしてくれる目覚まし時計アプリ!Sleep CycleとPower Nap

2014081920394901

人間一番良い起床方法は自然に目が覚めることだそうですが、そうも言っていられない世の中。目覚まし時計を使ったことが無いという方はあまり居ないと思いますが、最近は携帯電話のアラートで起きるという方も多いはず。

そんな方にオススメしたいのが、Sleep Cycle alarm clock、またはSleep Cycle power napという目覚ましアプリ。この2つは同じデベロッパーからリリースされているアプリで、眠りが浅いタイミングを狙って起こしてくれるというとっても賢いアプリです。

Sleep Cycleってどんなアプリ?

人間は睡眠している時、浅い睡眠と深い睡眠を繰り返しています。深い睡眠の時に目覚まし時計によって無理やり叩き起こされると、1日中ぼーっとするような悪い寝覚めになってしまいます。

Sleep CycleをセットしたiPhoneを枕元に設置しておくと、マットの動きから寝返りなどの身体の動きを感知し、睡眠の深度をチェックしてくれるというのがこのアプリの凄いところ。

普通目覚まし時計は設定した時間にアラームを鳴らすものですが、Sleep Cycleの場合は設定した時間より少しくらい早くとも、最も寝覚めが良いと思われるタイミングでアラームを鳴らして起こしてくれるのです。
なんだか近代的で面白いアプリですよね?

alarm clock と power napの違い

2014081920495601

alarm clockとpower napの違いですが、まず有名なのはalarm clockの方だと思います。

alarm clockは普通にアラームを鳴らす時刻を設定し、それより前に睡眠の浅いタイミングで来たらアラームで起こしてくれるというもの。最大で設定した時間よりどれくらい前からアラームが鳴るかということも自分で調節可能です。

それに加えて、日々の睡眠の深さをグラフに記録してくれるため、自分の睡眠の質や時間を振り返って自己管理することができます。日々の睡眠環境を改善するのに役に立つのがalarm clockなのです。

2014081920543201

それに対して、power napというのは端的に言うと仮眠用のalarm clockです。

睡眠時に設定できるメニューは以下の3つ。

  • 最大で20分睡眠。深い睡眠に入る前に起こします。
  • 最大で45分睡眠。深い睡眠に入る前に起こします。
  • 最大で120分睡眠。一度深い睡眠に入った後の浅い睡眠で起こします。

要するに、短い時間だけ眠りたいという時のためのアプリがpower napというわけです。個人差はありますが、浅い睡眠と深い睡眠の1サイクルは約90分と言われていますので、120分もあれば一回深い睡眠に入って体力回復するという効率の良い短眠、昼寝ができるという素晴らしいアプリになっております。

 

何かと便利なアプリなので、目覚まし時計を探している方でもそうでない方にも是非使ってみて欲しいアプリです。どちらか片方だけ購入するというなら断然alarm clockをオススメしますが、power napも持っていると捗ります(昼寝が)。

スポンサードリンク
iPhoneアプリ 5399661563659347733
HOME item

スポンサードリンク

Random Posts

ブログ アーカイブ